ご 挨 拶

 この度、従来の免振装置を使わない、極めて経済的で有効な免振構造「ソフトストーリー」に関するホームページを開かせていただきました。

 その方法は、次頁写真の1972年米国での地震被害建物の状態に基づいたもので、1石2鳥、津波地域では3鳥にもなる方法です。

 それは、いわゆるピロティをそのまま建築空間に利用できる免振層にするもので、そこの柱の変形能力は今の免振装置と同じ片振幅30cm位、また柱自身が制振性を持っているので、制振装置は不要か、軽微なもので済む(その他は次頁、添付資料等をご覧ください)、というものです。

どうぞご検討ください。

 

委員長

 

委員長

委員長

名誉会長

運営委員

専門委員

理事長

名誉顧問

名誉顧問

(一社)和歌山県建築士事務所協会

    建築物耐震診断判定委員会
(一財)大阪建築防災センター
    構造計算適合性判定業務 監視委員会

    建築確認検査業務 監視委員会

日中建築構造技術交流会
(一社)日本建築学会 司法支援建築会議
大阪地方裁判所(最高裁判所人事)
NPO法人 PC建築技術支援センター

(一社)関西建築構造設計事務所協会
和歌山県建築構造設計事務所協会

Dr. Kazuo Suzuki

工学博士 鈴木 計夫

 

大阪大学名誉教授

経歴

1 9 3 3 静岡県磐田市 生まれ〔→京大→(株)大林組(技研)→阪大→福井工大〕
1 9 7 4 工学博士( 京都大学)
1 9 7 9 ~ 1 9 8 0 西独アーヘン工科大学客員研究員 (フンボルド財団による)
1 9 8 2 大阪大学工学部教授
1 9 8 7 大阪大学名誉教授
1 9 8 7 福井工業大学教授
2 0 0 6 福井工業大学退官
2 0 0 6 テクノサロン・スズキ開設 現在に至る

 

受賞学術賞

1 9 7 7 ( 社)セメント協会 論文賞
1 9 8 3 ( 社)プレストレストコンクリート技術協会 論文賞
1 9 8 7 ( 社)プレストレストコンクリート技術協会 論文賞
1 9 9 2 ( 社)日本材料学会 論文賞
1 9 9 2 ( 社)日本建築学会賞(論文)
1 9 9 3 ( 社)日本コンクリート工学協会 論文賞
1 9 9 6 ( 社)セメント協会 論文賞
1 9 9 6 ( 社)日本コンクリート工学協会 論文賞

2 0 0 2  fib(国際コンクリート構造連盟)  fib Award(国際業績賞)

 

名誉会員

日本建築学会

日本コンクリート工学会

日本PSコンクリート工学会

新しい免震構造

1階のピロティ(柱だけの階)を
ソフトストーリー(免震性を持つ階)にする

右写真の大変位の柱がこの4層ビルを支えている!

この柱の水平変異:約50cm!

 写真-1 :過去の実例:1972年 米国ロス地震の時の オリブビュー病院の状況

これが参考になる: (貴重な実大実験結果)

このような柱にする

方法: 一階の柱を普通の柱の10倍位粘り強いものにする

その方法: 柱の横筋は円形、ピッチは5cm位⇒コストupは僅か

その柱を少し細くして層を柔らかく、上階は壁等で硬めにする

結果:一階は変形能力のある柔らかい層になり、

   地震時には免振性を発揮し、上階の揺れを軽減します 

“1階”と書きましたが、最下階,(地階)でもよいのです。

構造評定を受け実現したとしますと、

  • 上階の部材は小さくて済み、大きな経済メリットが得られます。

    (上階の水平震度は0.1~0.2位か、従って通常の耐震設計ビルの(1割)位は経済的となろう) 

  • またこの階は、普通の免振構造と違って、建築空間として利用でき

  • さらに、メンテは殆ど不要です。

  • 地震後の補修もこの階のみで、無いか僅かで済みます。

  • PC鋼材(普通鉄の数倍の強度)をブレースに使えば

     地震後は殆ど元の位置に戻る(図‐2参照)

  • 津波地域にこれを建てれば 、一石2鳥!

    波が通り抜けるので津波対策地震対策

 

(東北大地震では、ゴムやダンパーの免振装置の建物は3割ほどが補修が必要となりました。制震の建物は各階での補修が必要となります)

架構骨組みによる表示

杭も免震効果を示す

図-1 架構骨組みによる表示 

地下階利用は効果的
大阪弁護士会館 外観写真
大阪弁護士会館 オイルダンパー

図-2 地下階利用は効果的

(第18回JSCA賞受賞)

大阪弁護士会館

写真-2 鉄骨柱による実例 

横拘束柱の大変形能力実験

(文献:鈴木他;建築学会論文集;No.383,1988・1)

図-3 横拘束柱の大変形能力実験

参考資料

① ピロティをSoft-storyとする構造方法 研究委員会報告書

建築研究開発コンソーシアム 2015年3月

② ピロティ式構造物およびラーメン高架橋の耐震性能と耐震対策研究委員会報告書

              (社法)日本コンクリート工学協会 2009年9月

ピロティー式構造部およびラーメン高架橋の耐震性能と耐震対策研究委員会 報告書 (1MB)

資料ダウンロード

2
1

ピロティをSoft-storyとする構造法研究会報告書

(約50MB)

テクノサロン・スズキ

 アイディアで地球社会に貢献

 〒556-0022

 大阪市浪速区桜川3-5-6

  東邦ビル3F(301号)

 

関連リンク
 
株式会社 清晨
SP免震基礎工法 清晨
株式会社清晨